楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/29 12:00

伝説の討論会は“言葉と言葉の殴り合い”だった!「三島由紀夫vs東大全共闘」本予告公開

ナビゲーターとして東出昌大が参加 (C)SHINCHOSHA (C)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会
ナビゲーターとして東出昌大が参加 (C)SHINCHOSHA (C)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会

 [映画.com ニュース]東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた作家・三島由紀夫と、東大全共闘との伝説の討論会の様子を切りとったドキュメンタリー「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の本予告編が、このほどお披露目された。

 1969年5月13日に行われた討論会には、武装化していた東大全共闘ら1000人を超える学生が結集。警視庁の警護の申し出を断り、単身で赴いた三島との討論は、2時間半にも及んだ。豊島圭介監督がメガホンをとる本作は、19年に発見された貴重な記録映像をリストアし、当時の関係者、現代の文学者、ジャーナリストなどの識者の証言を織り交ぜながら、討論会の全貌を明らかにするもの。ナビゲーターとして、東出昌大が参加している。

 本予告では、唯一無二の天才・三島と、反逆のエリート・東大全共闘1000人による“言葉と言葉の殴り合い”が展開。「三島氏にとっての天皇との問題に触れてくるわけです」「あなたは日本人であるという限界を超えることは出来なくなってしまうという」と言葉を向けられれば、三島は「あぁ出来なくていいんだよ」とやり返す。やがて、熱情あふれる討論に触れた識者たちは、それぞれの思いの丈を述べている。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >