楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/01 08:00

“駄作界の市民ケーン”と称されたカルトムービー「ザ・ルーム」が日本上陸!

最高の最低映画! (C)WISEAU-FILMS
最高の最低映画! (C)WISEAU-FILMS

 [映画.com ニュース] “駄作界の「市民ケーン」”と称された伝説のカルトムービー「ザ・ルーム」が、「未体験ゾーンの映画たち2020」のクロージング作品として上映されることがわかった。

 「ザ・ルーム」とは、2003年の公開から現在まで、毎日世界のどこかで上映され続けている異色の恋愛ドラマだ。J・J・エイブラムス、ポール・ラッド、ジョナ・ヒルらハリウッド業界人もファンを公言。その理由とは、同作が唯一無二の“奇妙”な作品だからである。支離滅裂な脚本、間の抜けた演出、棒読みセリフなど、本来であれば欠陥ともいうべき要素が、笑いとして昇華されているのだ。

 サンフランシスコで恋人リサと暮らす銀行員ジョニーは、仕事も私生活も順調な毎日を送っていた。しかしジョニーとの関係を退屈に感じたリサは、彼の親友マークを誘惑。リサのわずかな態度の変化に気づいたジョニーは疑心暗鬼になり、人生の歯車を狂わせていく。

 初公開時からアメリカの劇場で爆笑の渦を巻き起こし、やがて「ロッキー・ホラー・ショー」のように観客参加型の上映形式が確立。観客主導で生み出された“お約束”には、以下のようなものがある。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >