楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/01 09:00

心を許した友の真実は、何を照らすのか…綾野剛×松田龍平「影裏」ロング予告編

大友啓史監督が、第157回芥川賞を受賞した沼田真佑氏の小説を実写映画化 (C)2020「影裏」製作委員会
大友啓史監督が、第157回芥川賞を受賞した沼田真佑氏の小説を実写映画化 (C)2020「影裏」製作委員会

 [映画.com ニュース]綾野剛と松田龍平が初共演を果たした、大友啓史監督作「影裏」のロング予告編が公開された。映像では、分かり合えていたと思っていた親友が姿を消し、様々な“影の顔”“裏の顔”が明らかになっていくさまが、ミステリアスに切り取られている。

 第157回芥川賞を受賞した沼田真佑氏の同名小説を実写映画化。会社の転勤で全てを捨てるように岩手・盛岡に移り住んだ今野は、同僚の日浅と出会い、仲を深めていく。しかし、ある日突然、日浅は今野に一言も告げずに会社を辞めてしまう。「楽園」「閉鎖病棟 それぞれの朝」の綾野が今野を演じ、本作の演技で中国・海南島で行われた第2回海南島国際映画祭のベストアクター(最優秀俳優賞)に選ばれた松田が、謎めいた日浅役を務めた。

 ロング予告編の冒頭では、ザクロをかじる今野に「うまい? 人間の味がするからな」と日浅が声をかける、どこか不穏な場面でスタート。慣れない土地でただ一人、日浅に心を許した今野は、酒を酌み交わしたり、釣りに出かけたりと、遅れてやってきた青春のような日々に心地よさを感じていた。しかし日浅が姿を消すと、映像の雰囲気は一変。日浅が、あることで父親に縁を切られていたこと、同僚にお金を借りていたことなど、日浅の行方を追うほどに、思いもかけなかった真実が浮かび上がってくる。日浅の「知った気になるな。お前が見ているのはほんの一瞬光が当たった所だけだってこと。人を見るときはその裏っかわ。影の一番濃い所を見るんだよ」という言葉が、意味深に響いている。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >