楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/01 17:00

“根暗ゴースト社員”吉沢亮が酒を飲んでドSに豹変!?「一度死んでみた」爆笑必至の本編映像

2月1日に26歳の誕生日を迎える吉沢亮 (C)2020 松竹 フジテレビジョン
2月1日に26歳の誕生日を迎える吉沢亮 (C)2020 松竹 フジテレビジョン

 [映画.com ニュース] 俳優の吉沢亮が本日2月1日に26歳の誕生日を迎えることを記念し、広瀬すず、堤真一と共演した「一度死んでみた」の本編映像がお披露目された。吉沢が演じる存在感がなさすぎて“ゴースト”と呼ばれている男・松岡が、お酒を飲んで豹変するさまがコミカルに映し出されている。

 テレビCM「三太郎」シリーズの浜崎慎治がメガホンをとり、「白戸家」シリーズの澤本嘉光がオリジナル脚本を手掛けた、CM界のヒットメーカーたちのタッグ作。広瀬がコメディに初挑戦しているほか、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡ら豪華俳優陣が顔をそろえた。

 売れないデスメタルバンド「魂ズ」に所属する大学4年生の七瀬(広瀬)は、製薬会社社長である父・計(堤)のことが大嫌いで、いまだに反抗期を引きずっている。ライブで「一度死んでくれ!」と父への不満をシャウトしていたある日、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだ計が仮死状態になってしまう。2日後に生き返るはずだったが、そのまま彼を亡き者にしようというライバル会社の陰謀が明らかに。七瀬は計の部下・松岡(吉沢)とともに、父を救うため立ち上がることを決意する。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >