楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/03 10:00

地球外生命体に支配された米政府…「猿の惑星:創世記」監督のSFサスペンス、予告入手

ポスター&場面写真も一挙公開! (C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
ポスター&場面写真も一挙公開! (C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のルパート・ワイアット監督が手掛ける近未来SFサスペンス「囚われた国家」の予告編とポスタービジュアルを、映画.comが先行入手した。映像には、地球外生命体に侵略された国家の恐るべき実態が切り取られている。

 地球外生命体による侵略から9年後、2027年のシカゴという衝撃の舞台設定で描かれる本作。制圧された米政府は“統治者”と呼ばれるエイリアンに完全支配されていた。犯罪抑止を掲げ、体にGPSを埋め込んだ全市民を死ぬまで監視し、ルールを犯した者は地球外に追放する。かつてないほど拡大した貧富の差、荒廃した街――。狂った状況を打破し、自由を取り戻すため密かに結成されたレジスタンスのグループは、統治者の団結集会で爆弾テロを起こそうと画策する。

 予告編は、ミシガン湖に浮かぶ謎の巨大飛行体にルールを破った大勢の人間が乗せられ、秘密裏に地球外へと追放される様子を成す術もなく茫然と見つめる青年ガブリエルを活写。統治者のおかげで「アメリカは再生した!」という言葉に熱狂する市民だったが、兄ラファエルが「政府が言ってることは全部嘘だ。地球の資源は統治者に奪い尽くされる」と訴える通り、その実態は生活の全てを制限される「囚われた国家」だった。異物を排除し支配と均衡を保とうとする国家の思惑に気づき、統治者に反旗を翻そうとするレジスタンスたちの戦いが、スリリングに映し出されている。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >