楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/14 18:00

ファティ・アキン、哀れな実在の殺人鬼をリアルに描いた新作は「ターニングポイントになった」

(C)2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathe Films S.A.S./Warner Bros. Entertainment GmbH
(C)2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathe Films S.A.S./Warner Bros. Entertainment GmbH

 [映画.com ニュース] 1970年代のドイツ・ハンブルクに実在した連続殺人犯を描いたサスペンスホラー「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」が公開された。敗戦後のドイツで幼少期を過ごし、5年間で4人の娼婦を殺害したホンカの日常をリアルに描き出した本作は、昨年の第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、賛否両論を呼んだ。来日したファティ・アキン監督に話を聞いた。

 薄汚れた安アパートの屋根裏部屋に暮らし、夜になると場末のバーに通って女性を物色、アルコールに溺れて暴力的になり、正常な判断を失っていくホンカ。孤独な男の日常が淡々と描かれるが、ストーカーのような病的な妄想や、殺人シーンではスプラッター的な演出も加わり、観客は短絡的で哀れな殺人鬼の行く末をまざまざと見せ付けられ、戦慄する。アキン監督は今作を「本当に妥協することなく作った」と断言する。

 「決して簡単な判断ではありませんでしたが、ホンカの半生を描いた原作小説をとても気に入っていたんです。ホンカは僕が生まれ育ったエリアに実在した殺人鬼で、今も彼が通ったバーがあり、ある意味ハンブルグについての映画。小説が自分に挑戦を突きつけているように感じました。果たして映画作家として、その知識や技術、度量の上で、この小説を映像化するだけの力を持っているだろうか? と。スポーツのように、どこまで跳躍できるのかその答えを自分で見てみたかった。僕のキャリアの中で、ターニングポイントになった作品です」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >