楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/17 06:00

ポン・ジュノ、デル・トロらが絶賛! 中国新鋭の初長編「凱里ブルース」4月18日公開

「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」のビー・ガン監督の長編デビュー作 (C)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd - Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., - LtdEdward DING - BI Gan/ReallyLikeFilms
「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」のビー・ガン監督の長編デビュー作 (C)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd - Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., - LtdEdward DING - BI Gan/ReallyLikeFilms

 [映画.com ニュース] 中国の新鋭ビー・ガン監督の初長編「凱里ブルース」が4月18日に公開されることが決定。あわせて、日本版予告編とポスタービジュアル、場面写真が一挙にお披露目された。

 “3Dのワンシークエンスショット”という演出が注目を浴びた「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」(2月28日)を手掛けたビーは現在31歳、中国貴州省凱里市出身の映画監督だ。26歳の時に製作した「凱里ブルース」は、出演者の大半がビー監督の家族や親戚、友人であり、故郷である凱里でロケを行った作品。スイス・ロカルノ国際映画祭でワールドプレミア上映されると、新進監督賞と特別賞を受賞し、各国のメディアやジャーナリストから驚きと称賛を持って迎え入れられた。

 新華社通信は、その時の興奮を「過去5年で一番優れた中国国産映画」「中国映画を50年進歩させる」と絶賛。その後もフランス・ナント三大陸映画祭の場で、中国人としてはホウ・シャオシェン監督作「恋恋風塵」以来となる黄金の熱気球賞(グランプリ)を受賞。中華圏のアカデミー賞とされる金馬奨では、最優秀新人監督賞とFIPRESCI賞に輝き、その圧倒的な才能を世界に見せつけた。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >