楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/21 18:00

“葛飾北斎の生涯”に色彩を与えた「HOKUSAI」チームの手腕とは? 撮影現場に密着

環境音にこだわりあり! (C)2020 HOKUSAI MOVIE
環境音にこだわりあり! (C)2020 HOKUSAI MOVIE

 [映画.com ニュース] 柳楽優弥と田中泯がダブル主演を果たした映画「HOKUSAI」の撮影現場が2019年6月、京都の松竹撮影所で報道陣に公開された。江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の知られざる生涯を描くため、チームの共通理念となったのは“従来の時代劇とは一線を画す”ということ。メガホンをとった橋本一監督のもとに集ったスタッフたちの証言から、その“革新性”が浮き彫りになった。

 72歳で代表作「冨嶽三十六景」を描き、生涯を通して3万点以上の作品を世に残したといわれている北斎は、90歳という長寿の人生を送った。北斎の“人生”に関して記された資料は少ないため、劇中で描かれるエピソードの多くを創作する必要性が生じた。中山賢一プロデューサーが明かしたコンセプトは「色のある時代劇」。血気盛んな青年期(柳楽)から、円熟した老年期(田中)へと移り変わる様子を“色彩”によって表現することになった。

 ストーリーは4章立てになっており、稀代の版元・蔦屋重三郎(阿部寛)、妻・コト(瀧本美織)、人気戯作者・柳亭種彦(永山瑛太)との交流を経て、北斎は“画狂老人”へと転じる。春夏秋冬が意識された物語に合わせるように、画面の色調、セットの色合いも落ち着いていき、長きにわたる人生が徐々に収束していく。そのなかでも、作品の核をなす浮世絵へのこだわりは徹底しており、高度な制作技術を継承した職人を抱える「アダチ版画研究所」が刷った作品が100枚以上も登場。“本物”を使用する案もあったようだが、刷り上がったばかりの風合いを出すため、当時の手法によって真新しい作品が生み出されていった。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >