楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/27 16:00

綾戸智恵、「黒い司法」は冤罪だけの映画じゃない!「人間の問題を扱っている」

 [映画.com ニュース]冤罪の死刑囚たちのために闘う弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話を映画化した「黒い司法 0%からの奇跡」が、2月28日から全国公開される。黒人への差別が根強い1988年当時に、舞台となるアラバマ州を訪れたことがあるジャズ・シンガーの綾戸智恵が本作を鑑賞し、当時の思い出や映画の魅力を熱弁した。

 1980年代のアラバマ州。犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルター(ジェイミー・フォックス)を助けるため、新人弁護士のブライアン(マイケル・B・ジョーダン)は無罪を勝ち取るべく立ち上がる。しかし、仕組まれた証言、白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の差別と不正がブライアンの前に立ちはだかる。

 綾戸は「映画を見て、シャツに中途半端なアイロンがかかっているところにこの映画のこだわりが見えました」と指摘し、「お母さんがアイロンをかけていたという家族体系、いかにアメリカの南部は母親が家族の中心だったか、ここがしっかり描けていると思います。弁護に行くから白シャツは着るけれども、アイロンが襟だけにかかっている。これがどういう意味なのかっていうと、お母さんのもとを離れて男の子一人だから、襟までが精いっぱいだったんやろな。これを意識してなのかどうかは分からないけれども、ママの存在の大きさがこのアイロン一つで伝わってきます」と持論を展開。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >