楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/27 17:00

ダニエル・クレイグ版ボンドの最終章! キャリー・フクナガ監督が「007」のヒーロー像を語る特別映像

シリーズの重要な転換点となる「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」
シリーズの重要な転換点となる「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」

 [映画.com ニュース]「007」シリーズの最新作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」の特別映像がお披露目された。監督と脚本を務めたキャリー・フクナガ監督が、ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドのヒーロー像を語り、「007シリーズの根底にあるもの、危険であり感情が揺さぶられるもの、そして語られることのなかったもの、全てが明らかになる。ダニエル・クレイグにとっての最終章だ」と期待をあおっている。

 フクナガ監督のナレーションに導かれる特別映像は、「スクリーンに白い丸が現れるとアドレナリンが吹き出してくる」という言葉の通り、銃口からのぞくボンドがスクリーンに向かって銃を撃つ、シリーズの伝統とも言えるシーンでスタート。前作「007 スペクター」から約5年が経ち、MI6(英国諜報部)を退きジャマイカで穏やかな生活を送るボンドを描くに当たり、フクナガ監督は「ボンドを捉え直すことに重点をおいた。彼はどこにいてどう変わったのか」と語る。そして、「00の任務にもがく姿は傷ついた獣のようだ」「世界は変わった。そしてルールも変わった。非対称戦争時代のスパイのルールも複雑になった。ボンドが家族のように想う仲間も皆が脅威に晒されている」と、物語にちりばめられた様々な変化を分析する。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >