楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/29 17:00

「マイティ・ソー ラブ&サンダー(原題)」に女性脚本家が参加

ジェニファー・ケイティン・ロビンソンとタイカ・ワイティティ監督 Photo by Amanda Edwards/WireImage/Getty Images Photo by Mike Marsland/WireImage/Getty Images
ジェニファー・ケイティン・ロビンソンとタイカ・ワイティティ監督 Photo by Amanda Edwards/WireImage/Getty Images Photo by Mike Marsland/WireImage/Getty Images

 [映画.com ニュース]「ジョジョ・ラビット」でアカデミー賞脚本賞を受賞したタイカ・ワイティティ監督の最新作「マイティ・ソー ラブ&サンダー(原題)」に、女性脚本家のジェニファー・ケイティン・ロビンソンが参加するになったと、米バラエティが報じている。

 「マイティ・ソー ラブ&サンダー(原題)」は、シリーズ最大のヒットとなった「マイティ・ソー バトルロイヤル」に続いて、ワイティティ監督がメガホンを取る注目作。ナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターがソーとしてハンマーを手に活躍する設定で、クリス・ヘムズワース演じる人気キャラクターと合わせてふたりのソーが登場することになるという。さらに、演技派俳優のクリスチャン・ベールが出演交渉を行っていることが明らかになっている。

 同作の脚本に関しては、ワイティティ監督がすでに草稿を仕上げているものの、このたびロマンティックコメディ「サムワン・グレート 輝く人に」の脚本・監督・製作総指揮を務めたジェニファー・ケイティン・ロビンソンがリライトを行うことが明らかになった。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >