楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/03/06 23:21

【第43回日本アカデミー賞】「新聞記者」が作品賞含む3冠!最多は「キングダム」4部門

喜ぶ松坂桃李、シム・ウンギョンら
喜ぶ松坂桃李、シム・ウンギョンら

 [映画.com ニュース] 第43回日本アカデミー賞の授賞式が3月6日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、「新聞記者」(藤井道人監督)が作品賞、最優秀主演男優賞(松坂桃李)、最優秀主演女優賞(シム・ウンギョン)の3部門を制し、幕を閉じた。

 この日は、新型コロナウイルスの影響で無観客状態での開催となった。異例尽くしの授賞式を席巻したのは、東京新聞記者・望月衣塑子氏の同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤をオリジナルストーリーで描いた意欲作。作品賞の発表を受け、メガホンをとった藤井監督は「本当に、本当にうれしいしか言えないんですが、本当にたくさんのスタッフと力を合わせてこの映画を作ったので、早くみんなに報告したい」と喜びをかみ締めた。

 最優秀主演男優賞に輝いた松坂は、昨年の第42回では「孤狼の血」で最優秀助演男優賞を獲得しているが、主演男優賞では初の戴冠となった。ブロンズ像をしっかりと両手で握りしめ、真っすぐ前を向くと「この作品は、僕の知る限り、実現するまでに二転三転、四転、五転くらい色々なことがあって、それでもこの作品を『しっかりと映画を見てくださる方に届けたい』という人が一致団結し、藤井監督の舵のもと、撮影を終えることができました」と振り返る。「僕自身も、10年ちょっと(俳優を)やってきて、ハードルが高い役だなと思いましたが、ウンギョンさんと一緒にお芝居をすることができて最後まで駆け抜けることができました。何より『この作品で頑張ってこい』『行ってこい』と言ってくれた事務所のマネージャーさん、社長を含めて、後押ししてくれて嬉しい気持ちでいっぱいです。今日という日を糧に、また新たに作品の一部に自分がちゃんとなれるようにいけたらと思っております」と述べ、深々と頭をさげていた。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >