2017/06/24 11:00

川谷絵音「ただいま」indigo la Endが9ヶ月ぶりライブ

川谷絵音「ただいま」indigo la Endが9ヶ月ぶりライブ
川谷絵音「ただいま」indigo la Endが9ヶ月ぶりライブ
川谷絵音擁するindigo la Endが23日、東京・EX THEATER ROPPONGIにてワンマンライブ『Play Back End Roll』を開催した。

彼らがワンマンライブを行うのは約9ヶ月ぶり。本格的な活動再開を心待ちにしていた満員のオーディエンスを前に、アンコール含む全20曲を披露した。

藍色の光に照らされたステージにメンバーが姿を現すと、長田カーティスのテクニカルなギターフレーズが印象的な「渇き」でライブがスタート。

「瞳に映らない」と「悲しくなる前に」では自然と手拍子が起こり、佐藤栄太郎のアグレッシヴなドラムソロを挟んで、「ハートの大きさ」でバンドの演奏はさらに熱を帯びて行く。決して派手に盛り上げるわけではないが、各メンバーの個性的なプレイがじっくりと堪能できる、これぞインディゴのライブだ。

客席から「おかえりなさい!」の声が飛び交うと、川谷が「ただいま。今日が再始動ライブです。みなさんありがとうございます」と最初の挨拶。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >