----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/23 20:00

永作博美の女優論“助けられることがあるかどうか”

永作博美の女優論“助けられることがあるかどうか”
永作博美の女優論“助けられることがあるかどうか”
直木賞作家・佐々木譲の初の法廷小説をドラマ化したWOWOW「連続ドラマW 沈黙法廷」(9月24日放送スタート)で連続殺人事件の容疑者という難役に挑んだ永作博美。

女優としてのキャリアは言わずもがなの彼女が魅せる悪女とも淑女ともとれる二面性を秘めた表情に、きっとラストシーンまで翻弄され続けるに違いない。
現在、撮影真っ只中(※取材時)という永作に、本作の見どころはもちろん、難役と向き合って感じたことなど、いろいろと話を聞いた。

――脚本を読んだ印象はいかがでした?

「演じるのがとにかく難しいだろうと思いましたね。私に務まるのだろうか……と思いながらも、今まで演じたことのない新しくて際どい“挑戦”だなと感じました」

――緩急のない女性を演じるのはとても難しいとコメントされていましたが。

「普通に喋るということがこんなに難しいんだ……って。取り調べのシーンでは事実だと言っていることに何度も同じ質問をされて、何度も繰り返し話している過程の中で、変化があるのかないのか分からない。私は真実をずっと話しているんだけど、捉え方によってはどことなく怪しく見えてきたりすることが自然と起こるわけで……。今も撮影をしながら闘っています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >