2017/11/01 10:40

東京では認知度2割以下の「だれやめ」って何のこと?

東京では認知度2割以下の「だれやめ」って何のこと?
東京では認知度2割以下の「だれやめ」って何のこと?
霧島酒造株式会社は、俳優の松坂桃李をイメージキャラクターに起用した「LET's だれやめ!キャンペーン」をスタート。
そこで今回、霧島酒造株式会社は、2017年10月11日~17日の期間において、20~59歳のお酒を飲む東京在住の男女250名と南九州(宮崎・鹿児島)在住の男女250名を対象に「だれやめの認知度とお酒の楽しみ方」についてアンケート調査を実施。このたび、そのアンケート結果が発表されました。

南九州では、「だれ」は疲労、「やめ」は止めることを意味し、「だれやめ」という晩酌で1日を締めくくるのが習わし。南九州の方言である「だれやめ」の認知度を、東京と南九州で比較してみたところ、大きな違いが表れました。

東京での「だれやめ」認知度(“聞いたことがあり、意味も知っている”と“聞いたことあり、なんとなく意味が分かる”の合計)では12.4%となり、「聞いたこともない」と答えた人は80.4%となりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >