2017/12/20 23:59

矢口真里、飲み会の場を乱すブスに「帰ればいいのに!」

矢口真里、飲み会の場を乱すブスに「帰ればいいのに!」
矢口真里、飲み会の場を乱すブスに「帰ればいいのに!」
AbemaTVで12月18日、『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。
同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

今回は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”にタレントの矢口真里、自称“ブス”メンバーにお笑いコンビ・ゆにばーすのはら、タレントのぱいぱいでか美を迎えた。

今回、自称“ブス”メンバーに、新たに芸人の関谷友美が加わった。矢作は「ブスって言うかさ、リアル過ぎない!? どこにでもいる」と関谷の印象を語り、「彼氏はいるの?」と続けると、「彼氏はいないんですよ。でも、セクシーフレンドが2人ほどいます」と明かすと、スタジオは騒然となり、「ウソ!? いるの?」「やるねー」「ありえない!」と驚きの声が。

関谷が「25歳の自動車工場の人と、後は、セクシー男優」と、セクシーフレンドについて語ると、スタジオは「エーッ!」と再び絶叫。矢作は「だってセクシー男優なんて、仕事であんなにやらなきゃいけないのに、その合間に、わざわざブスに使わないだろ」とコメントしたが、「出会った時は脇役だったんですけど、今は印紙男優になった。セクシー男優ってランクがあって、脇役から始まって、普通の男優、ギャラが収入印紙を貼るようになると、印紙男優ってなる」と解説すると、小木が「じゃあ、あなたが押し上げたみたいな?」と驚き、関谷は「教えました」と即答。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >