2018/02/06 21:50

金子ノブアキインタビュー「バンドのために身を捧げる」

金子ノブアキインタビュー「バンドのために身を捧げる」
金子ノブアキインタビュー「バンドのために身を捧げる」
ロックバンド:RIZEのドラマーとしてだけでなく、ソロアーティストとしても活動する金子ノブアキ。アートや舞台音楽など、ドラマーの枠を超えて新たな音楽を生み出し続けている一方、 数々のドラマや映画に出演する役者の顔を持つなどジャンルレスな活躍をみせている。そんな彼に密着し、半生に迫る特別番組「金子ノブアキ~孤高の表現者~ 」がWOWOWで放送される。その放送に先駆けて、自身の歩んできたキャリアや番組について、想いを語ってもらった。

――これまでのご自身の活動を振り返っていかがですか?

「バンドのメンバーはみんな個々の活動が活発なので、『RIZEに1年集中してくれ!』と言うのはある意味とってもセルフィッシュ(利己的)なことなんです。僕自身は子役上がりで、ドラマーであって、と特殊なキャリアです。WOWOWでも、NBAバスケのファミリーとして試合の生中継番組にゲスト出演させていただいたりしていますが、この10年でさらに新しいキャリアを積むことができて、今本当に楽しいんですよね。それが充実しているからバンドの時に何も持ち込まずにクリアな気持ちでやることができます。バンドを解散する時、よく『音楽の方向性の違い』と言われることがありますが、あれは本当ですね。みんながやりたいことをバンドにのせすぎて、特にフロントの人間に向いていないことをやらせちゃったりするんですよ。それでひずんでヒビが入っていく。RIZEに関しては屋台骨が清々しくできているので、みんながそれぞれやりたいことをやって、スッと元に戻れる部分があります。僕にとってRIZEは一番古くやっているものだし、俺とJESSEの中では何度も死にかけて、実質死んだことになってゾンビ化しているぐらいなんですが(笑)。でも周りのみんなに生かされてこうして続けていられる。RIZEにとってJESSEのパーソナルが一番大事だから、あいつがいる限りバンドは続きます。俺がいなくても、たぶんやれると思う。でも僕は命がある限り、このバンドのために身を捧げるつもりです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >