2018/03/03 12:55

岡井千聖「マジムカつきました」放送全カットの理由は?

岡井千聖「マジムカつきました」放送全カットの理由は?
岡井千聖「マジムカつきました」放送全カットの理由は?
3月2日、AbemaTVで『必殺!バカリズム地獄』が放送された。
同番組は、“ヤンキー鬼”に扮したお笑い芸人・バカリズムが、様々な女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味してい1時間のレギュラー番組。

今回は、ゲストに元℃-uteの岡井千聖、歌手の蒼天のハリー、モデルの土屋怜菜、女優の緑川静香を迎えた。

オープニングトークでは、ハリーに、バカリズムが「面白い名前ですね?」と聞くと、ハリーは「毎回聞かれるんですけど、私の意思ではない。社長さんがつけてくれた名前で、『北斗の拳』の続編『蒼天の拳』からです」と説明し、これにバカリズムは「蒼天のハリーってなんかいいですね。過去にちょっと傷とか闇を持っている感じ」とコメント。するとハリーは「じゃあ今日は、影を出していきたいと思います」と意気込みを見せた。

続いてキャッチコピーが、“貧乏でもポジティブ”の女優・緑川は「5歳で父が蒸発しちゃって、他人の家の3畳の物置に高校3年まで住んでいました。寝る時は川の字になってダンボールを敷いて、ダンボールを重ねてかぶって。食べる物も公園の雑草とか、スーパーの試食とかで生活していました。今は、ご飯が人の100倍美味しく感じられるので、すごく幸せです」と、壮絶な人生を笑顔で振り返り、バカリズムは「幸せって、そういうことなのかもしれないですね。すごくお金があっても幸せを感じられない人もいますしね。今日は素敵なことを教わりました」とコメントした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >