2018/03/05 18:50

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾「新しい地図」が楽曲初披露

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾「新しい地図」が楽曲初披露
稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾「新しい地図」が楽曲初披露
3月4日、東京・駒沢公園がざわついていた。
ふだんなら、ジョギングや愛犬との散歩を楽しむ人が行き交うのどかな場所なのに、のちにTwitterトレンド1位を記録することになる「#パラ駅伝2018」が開催されていたから。

正式名称は、「パラ駅伝 in TOKYO2018」。さまざまな障がいのある人と健常ランナーがチーム構成をする。たとえば、第1区は視覚障がいランナー&伴走者が担当し、第4区は男性の健常ランナーが担うなど、1チーム8人で20.504kmをタスキでつないでいく。開催3回目となる今回は、初の海外チームがラオスから参戦。国内各地からエントリーした16チームとあわせて計17チームが「i enjoy!」を合言葉に、楽しみながら覇を競った。

そんな大会が、なぜざわついたのか?
「新しい地図」の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が応援ゲストとして、久しぶりに生の姿を現したからだった。彼らが就任した効果なのか、観戦チケットは、わずか1時間ほどで受付終了に。その後の追加申し込みとあわせて、当日集まった観客数は、約1万7100人。“映像ではなくライブでの3人”の姿を目撃した観客からは、悲鳴に近い歓声があがった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >