2017/06/16 09:26

堤下敦が朦朧運転…インパルスは“コンビ解散危機”だった

精神的ストレスを抱えていたのか?(C)日刊ゲンダイ
精神的ストレスを抱えていたのか?(C)日刊ゲンダイ
 またもや芸人による警察沙汰だ。お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(39)が14日午前2時半ごろ、東京・狛江市東和泉の世田谷通りで意識がもうろうとした状態で車の運転席にいるところを発見され、事情聴取を受けすぐさま謝罪会見を開く事態になったのだ。

 なんでも、人が寝静まった時分に外出していたのは仕事ではなく、銭湯帰りだったという。そこで数日前から発疹したじんましんの治療で病院から処方された3種の薬(アレジオン、ベルソムラ、レンドルミン)を牛乳とともに服用。その10分後、車を運転し帰宅する途中でもうろう状態となり、警察官の職務質問、呼気検査を受けることに。警視庁調布署によると、睡眠導入剤の成分が検出され、アルコールや違法薬物の反応はなかったという。同署は堤下は正常な運転ができない恐れがあったにもかかわらず車を運転していた可能性があり、道交法違反での立件も視野に入れ、捜査している。

 堤下は〈サウナとスパを愛してやまない男〉を自称しており、先月28日付のツイッターでは〈全身蕁麻疹で痒すぎる…なんだこりゃ。全く治らない…〉などとつぶやいていた。大好きな銭湯でひとっ風呂浴び、リフレッシュした帰り道で起こった惨事だが、実はずいぶん前から堤下には体調不良を懸念する声が上がっていたという。この騒動を受け周囲からはこんな声が漏れ聞こえてくる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >