2017/08/04 09:26

低音ボイスも武器 米倉涼子「ハリウッド進出」に現実味

米倉涼子(右)と共演のアムラ・フェイ・ライト(C)日刊ゲンダイ
米倉涼子(右)と共演のアムラ・フェイ・ライト(C)日刊ゲンダイ
 女優の米倉涼子(42)が2日、東京・渋谷で主演するブロードウェーミュージカル「CHICAGO(シカゴ)」の日本凱旋公演の初日を迎えた。5年ぶりの再演となる米倉は、本番に先駆けた会見で「2度目のロキシー役、やっぱり楽しい!」と笑顔をみせた。

 2012年、日本でのキャリアが通用しないブロードウェーのオーディションを受けて、アジア人初のロキシー役をつかんだ。単身渡米の武者修行は過酷をきわめたが、語学、ダンス、芝居のすべてをマスター。後のテレ朝ドラマ「ドクターX」でのブレークにつながったともいわれている。今年7月にブロードウェーで再演を果たした際は、「おかえり!」とアメリカの観客にもあたたかく迎えられた。

■ダンス、芝居、英語に磨き

 この日の舞台では精鋭のブロードウェーダンサーの中でも、彼女の美脚は一目で主役とわかる光を放ち5年経って演技はさらに重厚感が増していた。のびやかな声と美しい英語の発音に、共演者からも絶賛の嵐だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >