2017/08/29 09:26

「口ふさぎ事件」に透けた苦悩 高畑淳子に発想転換のススメ

母の苦悩は続く(C)日刊ゲンダイ
母の苦悩は続く(C)日刊ゲンダイ
「松居一代さんのように、ぶっ飛んだ行動でもすればいいのに」との声が上がっている。女優、高畑淳子(62)が主演舞台の製作発表後の囲み取材でやった、芸能リポーターの口をふさぐという前代未聞のアクシデント。

 会見の開かれた23日は、長男の高畑裕太(23)が女性への強姦致傷容疑で逮捕されてちょうど1年となり、質問が相次いだのだが、事件のその後や裕太の近況を語るのをかたくなに拒んだのである。

 その語らなかったところをどう見たのか、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏に質問すると、冒頭のように言い、こう続けた。

「要するに、状況は何も変わっていないということだと思います。あの事件、裕太さんは被害者でもあるという高畑さんの主張通りに何か動きがあったわけでもないし、裕太さんは不起訴処分で釈放後、一時入院していた病院を退院して以来、自宅などにこもったままで、動きがとれないでいるようなのです。高畑さんがこの夏、裕太さんを連れて舞台観劇に行ったと一部で報じられました。少しでも外に出そう、社会復帰させてあげよう、あわよくば芸能活動を再開させてあげようとしているのでしょうね。リポーターの口をふさいだ高畑さんの囲み会見では、何かコメントして、裕太さんを動揺させたり落ち込ませたくないという、愛する息子思いの母親の部分が出たように見えました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >