2017/08/30 09:26

重いテーマに一抹の“おかしみ” 星野源の空気感に救われる

ルックスも空気感も絶妙(C)日刊ゲンダイ
ルックスも空気感も絶妙(C)日刊ゲンダイ
コラム【TV見るべきものは!!】

 ヒット作「逃げるは恥だが役に立つ」の後、出演作が注目された星野源(36)。最新主演ドラマが「プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~」(WOWOW)だ。物語の舞台は、オーナーの潤子(石田ゆり子)が営むカフェ&シェアハウス「プラージュ」。ここに訳ありの住人たちがいる。

 美羽(仲里依紗)は路上で誘われた男と一夜を共にして稼いでいる。紫織(中村ゆり)はコカイン所持の容疑で逮捕歴がある。中原(渋川清彦)は恋人を守るために人をあやめた過去を持つ。

 さらに加藤(スガシカオ)は殺人の罪で5年間服役し、現在は再審公判中。その加藤を題材に記事を書いている、覆面ライターの野口(眞島秀和)もプラージュの住人だ。

 そこに加わったのが、思わぬことから覚醒剤がらみで「前科者」となった吉村(星野)である。再就職しようと動くが、前科者にはハードルが高い。だが、それ以上に他の住人たちはヘビーな経験を重ねていた。

 集まった芸達者が演じる、“生きづらさ”を抱えた人たち。また野口が書いた記事の見出し、「日常に潜む殺人鬼」の文字にもリアリティーがある。

「犯罪者は社会に受け入れられるのか」は重いテーマだ。しかしこのドラマ、決して重くて暗いわけではない。星野源ならではの“おかしみ”が、絶妙の劇的空気感を生み出しているからだ。

(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >