2017/09/07 09:26

武井咲の電撃婚にみる「映画女優」と「テレビ女優」の違い

「黒革の手帖」の武井咲(C)日刊ゲンダイ
「黒革の手帖」の武井咲(C)日刊ゲンダイ
「女優は売れるに従って自己主張が強くなり、仕事、待遇、私生活で意思疎通が図れなくなり、時には衝突することもある」(芸能関係者)

 そんな台所事情があっても表向きは平穏を装うが、時には女優と事務所との間の温度差として露呈することがある。武井咲(23)はその典型的な例だった。

 EXILEのTAKAHIRO(32)との交際が発覚した際、事務所は「もう二度と会うことはない」と武井自身の言葉を出して完全否定した。25歳までは恋愛禁止の暗黙のルールがある事務所。「別れさせられた」との見方がなされたが、武井は後日、「尊敬する人なので今も仲良くさせてもらっています」と正反対の答弁。事務所との温度差は歴然だった。

 密かに愛を育もうとする武井に対して、交際を反対する事務所。武井を「ポスト米倉涼子」にしようと仕事を立て続けに入れた。「恋愛する時間を与えずに諦めさせるために仕事を入れる」は昔からの常套手段だが、逆効果になる場合がある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >