2017/10/04 09:26

最後まで等身大 有村架純「ひよっこ」が教えてくれたこと

ヒロインを務めた有村架純(C)日刊ゲンダイ
ヒロインを務めた有村架純(C)日刊ゲンダイ
コラム【TV見るべきものは!!】

 ついに幕を閉じたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。開始直後は「主人公も話も地味」といった声もあったが、半年間で名作というべき一本となった。何より明るくて気持ちのいい朝ドラだったことが大きい。

 最大の功労者はヒロインの谷田部みね子(有村架純、最後まで好演)だ。架空の人物であるみね子は雑誌を創刊したり、子供服メーカーを興したりはしなかった。

 また「何者」かになることを目指していたわけでもない。しかし家族や友達を大切にしながら懸命に働き、いつも明るく生きていた。そんな等身大のヒロインだからこそ、視聴者はみね子の「日常」を見守り続けたのだ。

 次に時代設定がよかった。暮らしも社会も緩やかだった昭和30年。経済大国へと変貌していく40年代。その境目の昭和39年から物語が始まったことで、私たち日本人が何を得て、何を失ってきたのかを感じさせてくれた。

 同時に「タイムトラベル」も堪能した。東京オリンピック、ビートルズ来日、ミニスカートブーム等々。同時代を生きた人には懐かしく、知らない世代には新鮮なエピソードの連打だった。

 終盤、何組ものカップルが誕生した。やや駆け込み乗車的なバタバタ感もご愛嬌。脚本の岡田恵和が丁寧に書き込んだ、愛すべき“名もなき人々”が、それぞれ幸せになるハッピーエンドに拍手だ。

(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >