2017/10/04 09:26

一発屋にあらず 評論家も認めた「にゃんこスター」の将来性

にゃんこスターのアンゴラ村長(左)とスーパー3助(C)日刊ゲンダイ
にゃんこスターのアンゴラ村長(左)とスーパー3助(C)日刊ゲンダイ
 フリーから晴れて大手事務所「ワタナベエンターテインメント」への所属が決まった。「キングオブコント2017」準優勝に輝いた男女コンビのにゃんこスター(アンゴラ村長、スーパー3助)。

 大会に照準を合わせコツコツとネタ作りをしてきたであろうライバルたちを尻目に、今年5月にコンビを結成したばかりのこの2人は、一瞬、悪ふざけをしているかのような芸を披露した。

 歌に合わせ、縄跳びをしたりフラフープを回したり。最後にはコンビ名を叫んで締めるという一発屋風情だったが、さにあらず。お笑い評論家のラリー遠田氏は「非常に伸びしろを感じる」と続ける。

「顔芸に動きをつけてバカバカしさで笑いを誘う基本中の基本の芸。お決まりの伝統芸ゆえ大コケする可能性もはらんでいたのですが、きちんと成立させたのはツッコミのスーパー3助のうまさにあった。アンゴラ村長はキャラクターとしての可愛らしさとブサイク過ぎない容姿が絶妙。グラビアの仕事も舞い込んでくるのではないでしょうか。しかも、実は早大卒のインテリで、会社員と二足のわらじをはく異色の経歴の持ち主でもある。2人とも腕と話題性があり、活躍しそうな予感がします」

 音楽を使った芸は一瞬でその場の空気を変えることができるため、テレビでも使いやすいという。

 実際、番組を主催・放送したTBS以外の他局の情報番組でも、にゃんこスターのシーンが放送されていた。そんな見る人の心に強烈なインパクトを残した2人の陰に隠れてしまったが、優勝したのは「かまいたち」なのをお忘れなく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >