2017/10/25 09:26

大地真央は1話で“クビ”に「ドクターX」の贅沢とスピード感

おなじみのメンバー(C)日刊ゲンダイ
おなじみのメンバー(C)日刊ゲンダイ
コラム【TV見るべきものは!!】

 ドラマのシリーズ物は、おなじみのメンバーが、おなじみのストーリーを演じるだけになった途端、視聴者が飽き始める。ベースとなる世界観を変えずに、細部は時代や社会とリンクさせながら変えていくこと。それをしっかり実現しているのが、米倉涼子主演ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)だ。

 たとえば今シリーズの初回。舞台となる東帝大学病院に、初の女性院長(大地真央)を誕生させた。彼女のモットーは「患者ファースト」。医学界や医師たちに清廉性を求めることから、ニックネームは「マダム・クリーン」だ。結局、不倫問題でクビを切られたが、出だしのインパクトとしては十分だった。

 また普通なら、この女性院長を数週間は活用すると思うのだが、たった1週で舞台から下げてしまったことも驚きだ。「もったいない」と考えるより「贅沢感」を、そして「スピード感」を大事にしたのだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >