2017/10/26 09:26

若い女性にブームが再燃 「韓流」なぜ10代に受けている?

かつては9人いた少女時代(C)日刊ゲンダイ
かつては9人いた少女時代(C)日刊ゲンダイ
 韓国ガールズグループ「少女時代」のメンバー3人が所属事務所と再契約せず、脱退すると報じられた。8人が5人になるが、一世を風靡した少女時代も、今年で結成10周年。韓流ブームは遠い昔のように思うが、ここ最近、新大久保が賑わっている。

 休日の駅前は身動きが取れないほどの混雑で、歩いているのはほとんどが10~20代の女性たちなのだ。

 そもそも、日本で韓流ブームが起きたのは2004年の韓国ドラマ「冬のソナタ」がきっかけ。

 その後09~10年ごろから少女時代をはじめ、KARA、BIGBANGなどK―POPが注目される。

 ここ数年は日韓の政治的な問題もあり、新大久保は静かになりつつあったが、若い女性にブームが再燃。今年5月には、原宿・竹下通りに韓国の人気ファッションブランド「スタイルナンダ」が日本に初進出し、話題になっている。韓国事情に詳しいライターの児玉愛子氏がこう言う。

「9人組ガールズグループ『TWICE』の存在が大きいですね。K―POPグループですが、メンバーのうち3人が日本人。彼女たちのダンスは覚えやすい振り付けで、歌詞も耳に入りやすいと評判です。彼女たちのファッションやメークが日本の10~20代の女性たちにウケていて、『スタイルナンダ』も、その需要を見込んで進出したのでしょう。低価格の“プチプラ”ブランドなので、若い世代に人気です」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >