2017/11/01 09:26

アガサのひ孫が語った 新作「オリエント急行」のポアロ像

ジェームズ・プリチャード氏(C)日刊ゲンダイ
ジェームズ・プリチャード氏(C)日刊ゲンダイ
 アガサ・クリスティといえば「ミステリーの女王」と称され、200を超えるその著作は聖書とシェークスピアの次に多く人類に読まれたといわれるほど。中でも「オリエント急行の殺人」は斬新すぎるトリックで当時のミステリー界を揺るがした代表作だが、今回「オリエント急行殺人事件」(12月8日公開、20世紀フォックス映画配給)としてハリウッドで映画化された。アガサのひ孫でプロデューサーを務めるジェームズ・プリチャード氏が映画化への思いを語った。

「誰もが結末や犯人を知っているって指摘もありましたが、筋書きを変えることは絶対にあり得ない。それほどにあの原作は何度読んでも面白く、新たな発見を得られる傑作です」

 イスタンブール発のオリエント急行で欧州へ戻る途中、名探偵エルキュール・ポアロが遭遇する殺人事件。原作は1934年に発表された列車ミステリーの金字塔で、ポアロシリーズとしては8作目。

 衝撃の結末はファンや評論家の間で賛否両論を巻き起こした。列車内という密室殺人ながら全員のアリバイが証明される展開だが、ポアロは各人の証言を突き合わせて、とてつもない仮説と真相を提示する。豪華で旅情あふれる舞台設定から、スター俳優を集めて映像化されることも多い作品だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >