2018/01/04 15:08

登美丘高ダンス部 伊原六花の芸能界入りはバブルか実力か

紅白では郷ひろみと共演した伊原六花(写真手前)/(C)日刊ゲンダイ
紅白では郷ひろみと共演した伊原六花(写真手前)/(C)日刊ゲンダイ
 郷ひろみのバックで踊った“バブリーダンス”で話題をさらった大阪府立登美丘高校ダンス部。そのキャプテン、林沙耶(18)が高校卒業後、芸能界に入ることが決定。すでに昨年10月、広瀬すず(19)らが所属する芸能プロダクション・フォスターと契約、芸名を“伊原六花”として活動するという。

 例のバブリーダンスがYouTubeで話題になって数カ月の急展開。まさに昨年のピコ太郎に続く、“登美丘バブル”である。

 伊原は子役の経験もあり、今後は女優として活動していくというが、ネット上では「おだてられて調子に乗ってしまったのでは」という心配の声も。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「ダンスを足がかりにチャンスをつかんだという点でラッキーと言えます。踊りでセンターを張るぐらいですから、根性もあるはず。子役を経た彼女にとってはセカンドチャンスですから頑張るでしょう。事務所も大きいですし、彼女の演技力も評価してのスカウトでしょうから、光るものがあるのは確か。ただ、芸能界はそれ以上に厳しいですし、事務所の力も影響します。この先どうなるかは未知数です」

 バブルか実力かわかるのはこれからだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >