2018/01/20 15:00

看護師と浮気報道で電撃引退 小室哲哉はそんなに悪いのか?

会見で何度も頭を下げた小室哲哉(C)日刊ゲンダイ
会見で何度も頭を下げた小室哲哉(C)日刊ゲンダイ
「音楽の道を退くのが私の罪の償いである」――。

 19日に行われた音楽プロデューサー小室哲哉(59)の電撃引退会見は後味の悪さを残すことになった。

「週刊文春」が報じた看護師Aさんとの不倫疑惑。小室は自身の“男性不能”まで明かしながら男女関係については否定。しかし、「不徳の致すところ」「僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」と語った。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「安室奈美恵さんが9月で引退することが話題になっていますが、小室さんは『自発的な音楽活動は本日をもって終了させていただきます』とおっしゃった。引退公演など一切やらず、すっぱりと音楽シーンから身を引くと発表した。この決断は大きく、そして深い絶望があるように見えます」

 小室は今回の報道前から引退を考えており、文春の浮気報道はあくまで“引き金”だったという。

「『疲れ果ててしまった』というのが本音だと思います。小室さんはくも膜下出血で倒れた妻KEIKOさんを6年以上、支え続けています。リハビリ中ということですが、くも膜下出血はリハビリによって必ずしも良くなるわけじゃなく、障害が残って、ゆっくりと退行していってしまうケースだってある。『女性というよりは女の子になった』とおっしゃっていたのは、KEIKOさんがそういう状態にあることをほのめかしていたように感じました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >