2018/01/30 09:26

市川紗椰に嫉妬 久米宏がこだわる生きた番組をつくる言葉

ニュース番組のイメージを変えた久米宏(C)日刊ゲンダイ
ニュース番組のイメージを変えた久米宏(C)日刊ゲンダイ
コラム【今週グサッときた名言珍言】

「力抜けて、ふにゃぁっと柔らかく。ボクはああいうふうにしてニュースを伝えたかったんです」(久米宏/フジテレビ「ボクらの時代」1月14日放送)

 この日、共演したモデルの市川紗椰(30)に、久米宏(73)は会いたかったという。なぜなら、市川がメインキャスターを務めた「ユアタイム」(フジテレビ)が好きだったからだ。

「あんなふうなしゃべり方でニュースを伝える人はいまだかつていなかった」と久米は言う。普通の言葉で何げなく、隣の人に話すような彼女の原稿の読み方が大好きだった、と語る彼の言葉を今週は取り上げたい。

 言うまでもなく、久米はテレビのニュース番組を変えた男だ。1985年から始まった「ニュースステーション」(テレビ朝日)は革新的な番組だった。それまで堅いイメージだったニュース番組を、柔らかい娯楽性の高いものに変えた。その結果、ニュース番組にもかかわらず、ピーク時は視聴率20%前後をコンスタントに獲得する高視聴率番組となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >