2018/02/11 09:26

年400本TV出演の秘訣 ビビる大木は“自分を消せる”仕事人

ビビる大木(C)日刊ゲンダイ
ビビる大木(C)日刊ゲンダイ
コラム【今週グサッときた名言珍言】

「出勤って言うと、『ん?』って言われるけど、出勤じゃないですか」(ビビる大木/テレビ朝日「俺の持論」2月3日)

 ファンレターが10年間ゼロというほど“人気”がないにもかかわらず、年間約400本ものテレビ番組に出演しているビビる大木(43)。そんな彼は、身の丈に合った生活を続けるため、いまだに電車で“出勤”しているという。

 毎朝のように満員電車に揺られる通勤ラッシュを味わっているのだ。そんな彼が漏らした言葉を今週は取り上げたい。

 芸能人が収録に行くことをあまり「出勤」とは言わない。だが、大木にとってそれは「出勤」なのだ。なぜなら、紛れもなく収録は「仕事」だからだ。

 以前、大木は遊び心あふれる草創期のテレビが魅力的だという話の流れから、満島ひかりに「テレビで遊べてますか?」と問われ、こう即答した。

「遊べないですよ! ボクなんて100%ホンネなしでやってますから」(NHK「土曜スタジオパーク」16年4月30日)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >