2018/04/04 09:26

竹野内豊&上戸彩が好演 「ミッドナイト・ジャーナル」は良質作

ストイックな記者を演じる竹野内豊(C)日刊ゲンダイ
ストイックな記者を演じる竹野内豊(C)日刊ゲンダイ
コラム【TV見るべきものは!!】

 今年開局50周年を迎えるテレビ東京が、春の記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル~消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実」を放送した。原作は本城雅人による同名の社会派サスペンス小説だ。

 中央新聞さいたま支局の県警キャップ・関口豪太郎(竹野内豊)は、発生した女児連続誘拐事件と7年前の悲惨な事件との類似性に気づく。本社から来た応援は藤瀬祐里(上戸彩)。2人は7年前の事件の際、生存していた被害者を死亡と伝える大誤報で社内外から叩かれた仲だ。そこに新人記者の岡田昇太(寛一郎)を加えたチーム関口が、粘り強い取材で真相へと迫っていく。

 関口の信条は「真実を早く正しく伝えること、それがジャーナル」。スクープにこだわると揶揄されるが、本当にこだわっているのは人の命だ。堅物の県警管理官(松重豊)の自宅に夜討ちをかけ、飲めない酒を一緒に飲む姿や、別れて暮らす娘への思いもほほ笑ましい。

 竹野内はこのストイックな記者の内面まで丁寧に演じていた。上戸もまた竹野内の気力に背中を押されるかのように、凜とした大人の女性記者になりきっている。

 記者はどのようにネタをつかみ、いかに裏どりを行い、記事にしていくのか。新聞というメディアの本当の役割は何なのか。良質のサスペンスであると同時に、一種の企業ドラマとしても十分見応えがあった。

(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >