2018/04/07 09:26

冬彦さんブームから四半世紀 “怪優”佐野史郎が語る役作りの流儀

「やっていることは変わっていない」と語る佐野史郎(C)日刊ゲンダイ
「やっていることは変わっていない」と語る佐野史郎(C)日刊ゲンダイ
 多面性を内に秘める人物を演じさせたら、これほど光る俳優もいないだろう。佐野史郎、63歳。数多くの監督に指名され、キーとなる人物を演じてきた。NHK大河ドラマ「西郷どん」では井伊直弼に扮する。マザコンの「冬彦さん」で一大ブームを巻き起こしてから四半世紀、近年まれにみる「面白い現場」の作品があったそうで――。

 7日に公開される映画「私は絶対許さない」(緑鐵配給)。15歳で集団レイプの被害者となった主人公・葉子のトラウマとその後を、被害者の目線で全編「主観撮影」した。メガホンを取ったのは精神科医の和田秀樹氏。百戦錬磨の俳優は、この作品で主人公の夫を演じた。葉子を自宅に閉じ込め、腹いっぱいになるまで食べさせ、ロリータ趣味のセックスを強要する役だ。

「まるで診察台に招かれたみたいで、ちょっぴり身構える自分がいましてね。難しいシナリオだったので、いつも以上にシナリオを読み込み、現場に臨みました」

 それでも撮影中には、予期せぬことがあったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >