2018/05/02 09:26

ユニークな感性 「半分、青い。」永野芽郁のキャラに好感

ハンディキャップを持つヒロインを演じる永野芽郁(C)日刊ゲンダイ
ハンディキャップを持つヒロインを演じる永野芽郁(C)日刊ゲンダイ
コラム【TV見るべきものは!!】

 NHK朝ドラ「半分、青い。」が始まって約1カ月。前作「わろてんか」はストーリー自体が精彩を欠き、モチーフだという吉本せいのこともよくわからなかった。安易な実録路線の結果だが、今回は安心して見ていられる。何より永野芽郁(18)が演じるヒロイン、楡野鈴愛のキャラクターに好感ありだ。

 少女時代に左耳の聴力を亡くした、朝ドラ史上初の「ハンディキャップを持つヒロイン」だが、「私の左耳は面白い。中で小人が踊ってる」と笑顔で語る感性がすてきだ。

 これによって鈴愛は「障害のある女の子」ではなく、「個性的でユニークな女の子」となった。

 鈴愛が生まれたのは1971年。両親(滝藤賢一、松雪泰子)は団塊世代だ。ここまでの物語の中には70~80年代文化が随所に盛り込まれてきた。松田聖子の歌から温水洗浄便座まで、ちょっと懐かしいアイテムが時代を感じさせてくれる。

 現在、鈴愛は高校3年生だ。幼なじみの律(佐藤健)たちとの日常、初デート騒動、家族に助けられた就職活動などがあった。しかし先週、今後の人生を左右することになる天才少女漫画家、秋風羽織(豊川悦司)と出会った。脚本の北川悦吏子によって、豊川の濃厚キャラもフル稼働だ。

 気持ちのいい青春ドラマとして、また良質なファミリードラマとして、いい出来栄えの一本となっている。
(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >