2018/05/09 09:26

「顔好きじゃない」 永野芽郁が松雪泰子を見習うべき理由

永野芽郁と連ドラで共演している松雪泰子(右)/(C)日刊ゲンダイ
永野芽郁と連ドラで共演している松雪泰子(右)/(C)日刊ゲンダイ
「自分の顔が好きじゃない」――NHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインを演じている女優の永野芽郁(18)の発言に議論沸騰だ。

 6日に都内で開かれた自身のフォトブックの発売記念イベントで、永野は「(自分の顔を)極力見たくない」「あら探しをして『ブス』って思っちゃう」などと告白。コンプレックスを感じているらしい。

 この発言に、ネット上では「嫌みに聞こえる」「美人ではないが、魅力的」「内心は自分をかわいいと思っているはず」「絶世の美女とは言わないが、味がある顔」などとカンカンガクガク。「永野の発言は本音で、他意はないでしょう」と芸能ライターのエリザベス松本氏がこう言う。

「永野は10代向け女性誌『Seventeen』でモデルもやっている。あくまで比較の問題ですが、お目々ぱっちり、鼻筋も通っている他のモデルと比べたら地味な印象です。連ドラで共演している松雪泰子(45)や井川遥(41)、CMで共演している深田恭子(35)と自分を比べたら、多感な10代なら『自分はブスだな』と思ってしまいますよ。ただ、まだあどけなさが残る、田舎町の元気な少女役にはピッタリはまっています。顔立ちも含めて“未完成”なところが、逆に大人の女優になってからの伸びシロを感じさせますね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >