2018/07/03 09:26

ジャニタレ重用がアダ…日テレ「視聴率3冠王」陥落の危機

日本テレビ(C)日刊ゲンダイ
日本テレビ(C)日刊ゲンダイ
 視聴率争いを巡って圧倒的な強さから“民放キー局の無敵艦隊”の異名を誇ってきた日本テレビ放送網。だがそれも、近い将来、陥落するかもしれない――。某大手広告代理店系シンクタンクによれば、今後3年間で日テレの視聴率が右肩下がりになるという衝撃データが算出されたのだ。

 日テレにとって、全日帯は平日朝の情報番組「ZIP!」に始まり、続く「スッキリ」、「ヒルナンデス!」など数多くの人気番組を抱え、GP帯(19~23時)に負けず劣らず同局の高視聴率を支える“聖域”と呼ばれてきた時間帯だ。かつてはNHKを除く民放キー局の間では独壇場だったが、「いまは違う。同枠を見回しても2位、3位が定位置。全日帯で勝負できなくなっている」(編成関係者)という。

 実際に最近の視聴率データを分析してみると、日テレの凋落傾向は一目瞭然。6月11~17日の1週間では、「『ZIP!』の平均視聴率が8.8%なのに対し、首位はテレビ朝日系の『グッド!モーニング』(10.2%)で、2位は9.4%のフジテレビ系『めざましテレビ』。続く時間帯も『スッキリ』が5.7%だったのに対し、『モーニングショー』(テレ朝系)が9.5%、『とくダネ!』(フジ系)が5.8%。昼帯も『ヒルナンデス!』が5.3%に対し、『バイキング』(フジ系)が5.9%。精彩を欠く結果となっています」(制作関係者)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >