2017/07/25 13:44

小芝風花、「原爆の絵」がテーマの作品でドラマ初主演  広島で被爆者の思いに触れ「すごく胸が苦しくなって…」

小芝風花
小芝風花
女優の小芝風花さんがNHKドラマ『ふたりのキャンパス』でドラマ初主演。25日に同局で行われた試写会と記者会見に、共演の近藤正臣さんとともに登壇した。

本作は、広島市立基町高校で10年前から行われている、高校生と被爆体験証言者による「原爆の絵」の取り組みを題材に、自らの想像を超える体験をした人をわかろうと努力することで、成長していく高校生たちの姿をみずみずしく描く。小芝さんが演じるのは、クラスメイトの影響で「原爆の絵」に参加する里保。「原爆の絵」を通して被爆者の雄造(近藤正臣)との交流を描く。

小芝さんは本作がドラマ初主演。「最初決まった時はすごく嬉しかったのですが、『原爆の絵』というのがテーマなので、私にできるのかなという不安がありました」と当初の思いを明かした。撮影前には被爆者に直接体験談を聞いたという。その際、「あなたはあなたができることで伝えていってほしい」と言われ励まされ、「作品を通じて何か伝えられたらという思いで撮影に臨みました」と当時を振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >