2018/01/11 04:26

高橋明日香が1年半ぶりのアリスインプロジェクトで主演「“お帰りなさい”って、声をかけてくれる人が多くて、“私のホームはここなんだな”と思いました。

高橋明日香
高橋明日香
発足8年目を迎えたアリスインプロジェクト(以下、アリスイン)の新春公演『ゼロヨンヨンの終電車 2018』が、東京・新宿村LIVEにて14日まで上演中だ。主演にアリスイン作品に1年半ぶりの出演となる高橋明日香を迎えるほか、梅田悠、舞川みやこなど、実力ある若手女優がぎっしりと脇を固めている。

脚本・演出には「劇団6番シード」の松本陽一を起用。物語は、通勤途中に身に覚えのないスリの犯人として追われることになった女子校教師・黄彩花(高橋明日香)が、次々と現れる人物や謎に巻き込まれ、危機また危機のサスペンスをくぐり抜けながら駆け抜ける“全100幕"の逃亡劇となっている。

キャストを固定せずにプロデュース公演を行っているアリスインだが、いわば“初期メン"とも呼べる高橋さんに、本公演への意気込みを聞いた。

--アリスインでは久しぶりの出演になりますね。

30歳という節目の年に主演をやらせていただけることが感慨深いです。アリスインさんの一番最初の作品の『アリスインデッドリースクール』に出演させていただいて、その時はダブルキャストで台詞も少ない方の役だったんですが、ずっと頑張って続けていれば、またこうして主演をやらせてもらえるんだと思うと、胸が熱くなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >