2018/01/20 09:13

浜辺美波、2年連続で『咲-Saki-』出演に感激「3年目の夏も撮影がしたい」

浜辺美波
浜辺美波
映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』劇場版が20日、公開初日を迎え、当日は新宿バルト9にて記念の舞台挨拶が開催された。主演の桜田ひよりさんをはじめ、伊藤萌々香さん(フェアリーズ)、恒松祐里さん、渡邉幸愛さん(SUPER☆GiRLS)、中山莉子さん(私立恵比寿中学)の“阿知賀女子学院”メンバーのほか、前作『咲-Saki-』に続いての出演となった浜辺美波さんらキャストが登壇した。

本作は、2006年から「ヤングガンガン」にて連載されている同名漫画が原作。麻雀の競技人口が1億人を超える世界を舞台に、女子高生たちが全国大会を目指し、麻雀に打ち込む姿を描く、新タイプのスポ根漫画となっている。その実写化作品第2弾が“阿知賀編”だ。県予選の模様を描いたドラマ編(2017年12月〜放送)に続き、劇場版ではインターハイで全国の強豪たちと対戦する阿知賀メンバーの姿を描く。

“阿知賀編”としては、この日が初の舞台挨拶登壇となった浜辺さんは「私は高校1年生で咲役を演じ、高校2年生で『阿知賀編』で照役を演じて、私にとって青春だなと思います」と『咲-Saki-』への思いを明かし、そして「3年目は…ということがあるんですけど、私も18歳になって労働基準法の縛りが少し緩くなるので、撮影時間をたくさん使える3年目も撮影できたらいいなと思います」とスタッフも気遣いながら希望を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >