2018/04/14 13:56

【制服向上委員会 前リーダー・野見山杏里インタビュー1】“アイドルに向いてない”少女がセンターで歌ったり街頭演説するまでに

野見山杏里
野見山杏里
アイドルグループ・制服向上委員会のリーダー・野見山杏里さんが今月1日のラストライブをもってグループから卒業、ファンに惜しまれながらステージを後にした。2013年、高校1年生の時にグループに加入し、2016年9月には11代目リーダーに就任した野見山さん。今回卒業を決断するに至った経緯や制服向上委員会への思いを明かした。

--約4年半の活動、お疲れ様でした!

「ありがとうございます!」

--ラストライブでは歌の表現力がすばらしく、パフォーマンスも可愛く、20歳になったとはいえ、まだまだ制服姿で現役として活動できると思いましたが、そんな中あえて卒業を決断したいきさつを教えてください。

「はい、私は高校1年生の時にグループに入って最初の契約が3年間だったので、もともとはそれが終わったところで卒業するつもりだったんです。それがおととし9月の『生誕祭』の時期でした」

--当時のリーダーの清水花梨さんが卒業し、会長の小川杏奈さんも退任されたイベントでしたね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >