2017/09/12 05:00

石原さとみ、TBS連ドラ初主演で解剖医に挑む!『逃げ恥』脚本家が描く医療ミステリー

石原さとみ、TBS連ドラ初主演! 法医解剖医役で死因究明に挑む(C)TBS
石原さとみ、TBS連ドラ初主演! 法医解剖医役で死因究明に挑む(C)TBS
 女優の石原さとみが、2018年1月スタートの医療ミステリードラマ『アンナチュラル』(TBS系/毎週金曜22時)で主演を務めることがわかった。TBSの連続ドラマ初主演となる石原は、不自然な死を許さない解剖医役を演じ、『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子がオリジナルで脚本を手掛けることから「子どもの頃から医療ドラマが大好きなので、今回、野木さんのオリジナル脚本で演じられるのがとてもうれしいです」と喜びを語っている。 連続ドラマ『アンナチュラル』は、死因究明のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、法医解剖医の三澄ミコト(石原)が、偽装殺人・医療ミス・未知の症例などから生じた「不自然な死(アンナチュラル・デス)」の真相を解き明かす姿を描く医療ミステリー。UDIラボの面々として、井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊も出演する。

 「子どもの頃から医療ドラマが大好きなので、今回、野木さんのオリジナル脚本で演じられるのがとてもうれしいです」と主演の喜びを明かす石原は「台本は1話の中で何度も展開がありますし、会話劇でもあるので現場の空気感を大切にしていきたいと思います」とコメント。共演者については「UDIラボのメンバーでは窪田さんが初対面でした。スタッフさんとのやり取りを聞いていると明るく真剣で安心感を与えてくれる方だなと思いました。実日子さんはじめ新さん、松重さんという信頼できる先輩方と、しっかり台詞を届けられたらと思います」と意気込みを語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >