2017/10/26 19:05

<ドラマアウォード2017>堺雅人、『真田丸』で主演男優賞を受賞も謙遜「助演を1年間積み重ねた」

堺雅人、「東京ドラマアウォード2017」にて『真田丸』で主演男優賞を受賞 クランクイン!
堺雅人、「東京ドラマアウォード2017」にて『真田丸』で主演男優賞を受賞 クランクイン!
 26日に都内で開催された「東京ドラマアウォード2017」授賞式にて、NHK大河ドラマ『真田丸』の演技で堺雅人が主演男優賞、草刈正雄が助演男優賞を獲得。堺は「助演を1年間積み重ねて頂いたような賞。共演者のおかげ」と謙遜し、草刈は「本当に素晴らしい役を頂いた」と喜びを語った。 『真田丸』は、2016年1月から同年12月まで放送された時代劇。堺扮する真田信繁(幸村)の激動の生涯を描いた。同作ではまた、信繁の父親・真田昌幸役の草刈は「大博打の始まりじゃ!」「では、おのおの抜かりなく」などのセリフが注目を集め、視聴者に「ハマり役」だと絶賛された。

 主演男優賞の堺は「自分でこうしよう、ああしようと思って作ったのではない。父だったり主君だったり兄だったり、その時の真の主役は別の方。主演を頂いたんですけど、助演を1年間積み重ねて頂いたような賞。共演者のおかげ」と謙遜しきり。

 本作の舞台は、群雄割拠の戦国時代。主役としてシリアスな表情で演技に臨むことが多かったことについて堺は「自分の意志はほとんどこの役には入っていない。脚本家の三谷さんを含め、乗せられたような、そんな役作りだった」と振り返った。するとMCの石坂浩二が「口の端がね、今まで(の出演作)はカクッて上がってたんですけど、この作品は違う。下がってました」と独特の表現で評価。会場から笑いが漏れる中、堺は一呼吸置いてから「ありがとうございます…!」と感謝の念を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >