2017/12/02 10:52

『コウノドリ』坂口健太郎が失敗の中から見つけた自分の道 「頑張って」とエール多数

『コウノドリ』に出演中の坂口健太郎 クランクイン!
『コウノドリ』に出演中の坂口健太郎 クランクイン!
 綾野剛と星野源が出演するドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の第8話が1日に放送された。新生児科医の白川(坂口健太郎)が、自身の腕を過信したために診断を誤り、赤ちゃんの命を危険に晒してしまうという展開に、「今日のコウノドリは白川先生の成長物語でしたね。 上を目指すのではなく、先を目指す。こういう気持ちを忘れないでいきたい」「健太郎しっかりしてぇ!って思ったけど、もらい泣きしてて、今回もコウノドリで泣いた。もう抱きしめたかった、頑張ってほしい」と、熱いエールが集まった。 吸引分娩での出産を控えている風間真帆(芦名星)。彼女の出産にはサクラ(綾野)や小松(吉田羊)とともに、新生児科医の白川も立ち会い、生まれてきた赤ちゃんの処置を担当した。赤ちゃんは仮死状態で生まれたものの、白川の処置により、一命を取り止める。真帆の赤ちゃんを「新生児遷延性肺高血圧」と診断した白川は、周りの意見にも耳を貸さず、治療を進める。そんな白川を見た今橋(大森南朋)は、周りが見えなくなっているのではないかと心配していた。そんな矢先、真帆の赤ちゃんが白川の診断とは違う病気であったことが判明する…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >