2017/12/09 12:30

『おんな城主 直虎』、動き出した“本能寺”で万千代は奔走 直虎は龍雲丸と再会

『おんな城主 直虎』第49話「本能寺が変」(C)NHK
『おんな城主 直虎』第49話「本能寺が変」(C)NHK
 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第48話『信長、浜松来たいってよ』で、信長(市川海老蔵)は駿河・遠江を観光したいと家康(阿部サダヲ)に申しつけ、万千代(菅田将暉)は、信長をもてなすため奔走。信長はお礼として家康に、安土などを案内したいというが、家康は罠かもしれないと疑う。井伊谷では龍潭寺で謎の迷子が見つかり、直虎(柴咲コウ)は保護するが、氏真(尾上松也)から、その子は明智光秀(光石研)の子どもだと知らされる。その上、氏真は、信長の饗応が罠であり、それを逆手にとって明智が信長暗殺を企てていることを、明智から聞いたと話す。直虎は、家康に明智の企てを伝え、織田に代わって天下を取ってほしいと告げる。 今週放送の第49話『本能寺が変』では、信長による家康暗殺計画を知った万千代は、直虎に、光秀の謀反が成功した折には、家康を三河へ逃がす手助けをしてほしいと願い出る。

 この求めに応じた直虎は、逃亡ルートとして堺からの海路を選び、そこで龍雲丸(柳楽優弥)や与太夫(本田博太郎)と久しぶりに再会する。久々にめぐり会った彼らが、どんな会話を交わすのかに注目したい。

 また、家康をはじめ徳川家の重臣たちを安土城へ招いた信長の真意とは? その裏で動き出す、光秀の陰謀。果たして光秀は計画を実行に移せるのか。

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第49話『本能寺が変』はNHK BSプレミアムにて12月10日18時、総合テレビにて20時放送。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >