2018/01/22 11:15

『西郷どん』第3話、お由羅の方・小柳ルミ子の怪演に恐怖「いい呪いかけそう」

NHK大河ドラマ『西郷どん』に出演した鈴木亮平 クランクイン!
NHK大河ドラマ『西郷どん』に出演した鈴木亮平 クランクイン!
 NHK大河ドラマ『西郷どん』の第3話が21日に放送された。SNS上では、西郷隆盛(鈴木亮平)の運命を揺るがすお家騒動の中心人物、お由羅の方を演じる小柳ルミ子に「ルミ子怖い」「小柳ルミ子なら呪いそう」といった声が寄せられている。 原作は林真理子による小説『西郷どん!(前編・後編)』(KADOKAWA)。日本を近代国家へと変えていった西郷隆盛の人生を描いた物語を、脚本家・中園ミホがテンポよく描いている。

 西郷家は11人の大家族。武士の身でありながら生活は困窮。そこで吉之助、のちの隆盛(鈴木)は豪商からお金を借りることに。そんなとき、同じく武士の出であるにも関わらず、貧しさから脱藩しようと一家全員で夜逃げする少年・半之助(中村瑠輝人)と出会う。少年の剣術に惚れこんだ吉之助は優しさから、「おいが、なんとかすって」と言ってしまうのだが……。

 そんな吉之助に「子どもは国の宝」と教え、大きな影響を与えた人物・島津斉彬(渡辺謙)にも次々と悲劇が。父である薩摩藩主・斉興(鹿賀丈史)を隠居に追い込もうと画策する斉彬だったが、これまで3人の子に先立たれていたばかりか、4人目まで他界。さらには斉彬派と思われる者たちが切腹や島流しの憂き目に。これが、いわゆる「お由羅騒動」であった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >