2018/03/15 11:20

広瀬すず、“1シーン10分超え”涙の演技に大反響 『anone』第9話

『anone』第9話より(C)日本テレビ
『anone』第9話より(C)日本テレビ
 女優の広瀬すずが主演を務めるドラマ『anone』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が14日に放送され、広瀬が演じた1シーン10分をも超える、こん身の演技に視聴者から「心が痛い」「涙腺崩壊」「胸が苦しい」などの大反響が巻き起こった。 弁護士の万平(火野正平)が偽札作りの現場を目撃。とっさに万平の首を絞めにかかった理市(瑛太)をハリカ(広瀬)、亜乃音(田中裕子)、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)は慌てて止めに入る。作った偽札は外に漏れていないと話し反省する亜乃音の様子に、万平は今回のことは黙認することに。しかし、理一がATMで試し返却されなかった偽札が発見され、警察も捜査に着手する。理市の妻・結季(鈴木杏)はテレビのニュースで流れた防犯カメラの男が自分の夫だと確信し、警察に通報する。

 そんな中、ハリカは彦星(清水尋也)に“会いたい”と言われ、亜乃音からプレゼントされたワンピースを着て、病室を訪ねることに。ハリカが彦星に会いに出かけた直後、証拠隠滅を図るために理市が印刷所に現れる。舵は理市がこの先もどこかで偽札作りを続けるつもりだと知り、ついていきたいと懇願。一方、ハリカは彦星の元へ向かう途中、茉歩(藤井武美)から彦星が治療費の申し出を断ったことを知らされる…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >