2018/03/22 08:00

白石麻衣、新ドラマ『やれたかも委員会』で佐藤二朗&山田孝之と共演

白石麻衣、佐藤二朗、山田孝之が新ドラマ『やれたかも委員会』に出演(C)2018吉田貴司/ドラマ「やれたかも委員会」製作委員会・MBS
白石麻衣、佐藤二朗、山田孝之が新ドラマ『やれたかも委員会』に出演(C)2018吉田貴司/ドラマ「やれたかも委員会」製作委員会・MBS
 乃木坂46の白石麻衣が、4月スタートの新ドラマ『やれたかも委員会』(MBS/TBS)に、佐藤二朗、山田孝之と共に出演することが発表された。白石は「まだ演技の経験が浅いので、佐藤さんや山田さんの存在がすごく心強かったです」と語っている。 甘く切ない、それでいてリアルで生々しい青春エピソードで大きな共感を呼んだ吉田貴司の同名漫画(cakes・双葉社)を基にする本作。いつどこで開催されるかも分からず、ミステリアスでありながら荘厳な雰囲気に包まれる「やれたかも委員会」。相談者が異性との忘れがたきエピソードを思い入れたっぷりに語り、委員会のメンバーが「やれた」か「やれたとは言えない」の札を上げその思い出を判定する。

 原作では相談者の“やれたかもエピソード”の回想がメインに描かれるが、テレビドラマでは相談者の回想パートに加え、原作と少し名前を変えた委員会メンバー3名と相談者の間で繰り広げられる熱い議論も詳しく描写するオリジナル展開になるという。委員会の中で唯一の女性メンバー・月綾子(原作では月満子)を演じる白石は、「お話をいただいた時は、とても嬉しかったです」とし、「皆さんに楽しんで観ていただけると幸いです。よろしくお願いします」とコメント。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >