2018/04/01 06:00

永野芽郁、実母の「おめでとう」にもらい泣き 朝ドラ出演で“親孝行”

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインを務める永野芽郁(C)NHK
NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインを務める永野芽郁(C)NHK
 屈託のない笑顔と飾り気のない芝居で幅広い世代から支持されている若手女優・永野芽郁が、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、朝ドラのヒロインという大役に挑む。撮影開始からおよそ3ヵ月の時点で「自分にしかできないなって思えるくらい、ようやく馴染んできてて」と心境を明かす永野に、七転び八起きしながら奮闘するヒロインの魅力や、自身の母親に出演決定を報告した際のエピソードなどについて話を聞いた。 連続テレビ小説の第98作目となる本作は、1971年に生まれた主人公・楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、さまざまな失敗を重ねたのち、一大発明を成功させる姿を描く。鈴愛を「そこに存在しているだけで魅力的」と評す永野は、「もう3ヵ月くらい撮っているんですけど、自分にしかできないなって思えるくらい、ようやく馴染んできてて」と語り、「自然に何も考えずに鈴愛として台詞が出てくる。あんまり無駄な体力を使わずにできているなという実感があります」とニッコリ。また、当初はさまざまな指示を受けていたというが「監督が一回一回言いに来なくなった(笑)」と手応えを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >